熊本いいくに県民発電所 株式会社

熊本の分散型エネルギー
地産地消型エネルギーをつくります。

熊本県南関町下坂下にこの度完成した、県公共関与管理型最終処分場「エコアくまもと」の広大な屋根を活用した太陽光発電施設が、「くまもと県民発電所」として平成27年12月1日から発電・売電を開始しました。

これは、地産地消型の再生可能エネルギーの開発・普及・啓発を推進することを目的としたもので、民間企業10社からなる「熊本いいくに県民発電所㈱」が事業主体となり、「エコアくまもと」の屋根(32,857㎡)に、2,002kWの太陽光発電パネルを設置しました。推定年間発電量は約212万kWh/年(約400世帯分)で、総事業費は約5億5千万円(税別)です。

熊本県では、県民や県内事業者が参画し、県内の豊かな自然エネルギーを生かした発電事 業を行うことで、県民や地域がその利益(恵み)を享受できる仕組みを作り、地域の産業振興、地域の活性化及びエネルギーの創出を図る「くまもと県民発電所構想」を推進しています。現在、この「エコアくまもと」での発電所の他に旧天草東高校グラウンド(天草市)を活用した太陽光発電事業が、県民発電所として熊本県から認証を受けています。

今回の「エコアくまもと」の屋根での太陽光発電事業については、個人向け小口ファンド(1口2万円)合計5,000万円、法人ファンド(私募債)合計4,900万円の募集計画に対し、いずれも募集額を達成しました。特に、多額の小口ファンドにおける満額達成は全国でも数少ない実績です。